不動産業や飲食店のランディングページ参考事例とポイント

自社ホームページはあるものの、もっと集客力を上げたい、問い合わせ件数を増やしたいといった希望がある場合、特定のサービスの訴求に特化したランディングページの制作が重要となります。本記事では、不動産業と飲食店のランディングページ参考事例と制作するにあたって抑えておきたいポイントについてご紹介していきます。

飲食店のランディングページ参考事例

飲食店の場合は、グルメサイトや口コミサイト等を利用した集客が一般的ですが、他社との差別化やより効果的な集客を目指すために、ランディングページを制作する飲食店もあります。また、飲食店によってはネット通販で扱う主力商品の売上げアップを目的とし、ランディングページを制作する場合もあります。

都内に複数の店舗を構える焼肉店では、実店舗の集客力アップのために各店舗ごとにランディングページを制作してユーザーの利便性を高めると共に、画面左下に常にクーポンやテイクアウトのアピールを表示してコンバージョンアップを図っています。また、ページを訪れたユーザーがスムーズに来店できるよう、店舗の空席状況の確認やネット予約のシステムを導入しています。中華料理の専門店では、店の主力商品のネット通販用のランディングページに雑誌やTVの取材実績、お客様の声、材料等の紹介記事を掲載してブランド価値を高めると共に、信頼性をアピールしています。

不動産業のランディングページ参考事例

不動産業の場合には、主に資料請求や会員登録、問い合わせ件数アップを目的としたランディングページが制作されます。不動産賃貸ではランディングページのみで成約に繋げることは困難なため、問い合わせ件数アップや内覧案内へと繋げるためのランディングページが制作されます。

都内の賃貸の物件を扱う不動産会社では、ユーザーの興味を引きつけるファーストビューに始まり、物件検索ではエリア検索と沿線検索、そしてオートロックやペット可といった希望条件での検索で利便性を高め、各物件情報ページからのお気に入り登録、問い合わせに対応しコンバージョンアップを図っています。

関西エリアの不動産を扱う不動産会社では、自社の強みを印象づけるキャッチコピーを盛り込んだファーストビューに始まり、実績やメリット、不動産仲介業者との違い、買取までの具体的な流れ、ユーザーのニーズに合わせたプランの提案等でユーザーの理解を深め、信頼性をアピールしています。

ランディングページ制作で抑えておきたいポイント

ランディングページ制作においては、まず目的を明確にすることが重要になります。店舗への集客なのか、それとも資料請求や問い合わせ件数のアップなのか、その目的によってターゲットや掲載する情報が異なるためです。どのような目的でランディングページを制作するのかが決まったら、ターゲットとする顧客像を設定します。10代~20代の若年層と40代~60代の中年層とでは当然興味を引きつける商品やサービス、そしてデザインが変わってくるからです。

若年層向けであれば、過度な装飾や立体感の無いフラットデザイン、中年層向けではやや大きめの文字でスクロールや新規ウィンドウを減らしたデザインなど、ターゲットとなる年齢層に合わせたデザインで制作します。また、自社商品やサービスについて理解を深め、訴求ポイントを整理することも大切です。魅力的なキャッチコピーは、ユーザーの心を掴み、売上アップや問い合わせ件数アップへと導いてくれることでしょう。

自社の商品やサービスの魅力が伝わるランディングページ制作を

ここでは、不動産業と飲食店のランディングページ参考事例とポイントについてご紹介してきました。コンバージョンを達成するためには目的を明確にすること、ターゲットを設定すること、ターゲットの年齢層に合わせたデザインや内容で制作すること、訴求ポイントを整理することが大切です。他社の制作事例を参考にしながら、自社の商品やサービスの魅力が伝わるランディングページを制作してみてはいかがでしょうか。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事