インターネット広告業界の構造を紹介

インターネットを利用する人が多い現代において、インターネット広告を目にしたり利用したりする人は多いでしょう。また、インターネット広告は成長に勢いのある市場です。したがって、より効果的なWebマーケティングを行うために、企業や事業主がインターネット広告を利用することは有効だと言えます。そこで、この記事ではインターネット広告をより深く知り、効果的に運営するために役立つ業界の構造をご紹介します。

インターネット広告の概要

インターネット広告とは、WebサイトやSNS、動画サービスなどに表示される広告を指します。こうしたインターネット上のサービスは利用者が非常に多いため、広告効果が高く様々なビジネスで広く普及しています。WebサイトやSNSに表示されることが多いディスプレイ広告や検索エンジンの検索画面に表示されることが多いリスティング広告、また動画サービスに利用される動画広告など、インターネット広告の種類は多岐に渡ります。そのため、広告で達成したい目標に応じて適切な広告運営を行う必要があるでしょう。こうしたことから、インターネット広告業界について理解を深めておくことは、広告を出稿するにあたり役立つと言えます。

インターネット業界の構造

インターネット広告は、4つの立場がそれぞれの役割を果たすことで成り立っています。まず1つ目の立場が広告主です。広告主は、ビジネスのオーナーなど自社の広告をインターネット上に掲載して、効果的に宣伝をしたいと考えている人を指します。一方で、広告主の多くはインターネット広告についての専門的な知識を持たないこともあります。そこで役立つのが、2つ目の立場である広告代理店です。広告代理店では、まずインターネット広告を出稿したいと考える広告主から依頼を受けます。そして、広告主の要望から施策を提案し、適切な広告戦略を策定するのが広告代理店の主な役割です。

マス広告と呼ばれるテレビや新聞、雑誌などに掲載される広告よりもインターネット広告は出稿先となる媒体が多いため、広告代理店だけではその選定が十分に行えないこともあります。そこで、広告主の要望を最も効果的に達成するために適した媒体を選定する役割を担うのが、3つ目の立場であるメディアレップです。インターネット上に存在する多数のWebサイトやSNS、ブログなどインターネット広告におけるあらゆる媒体に精通しているメディアレップは、効果的なインターネット広告の出稿先を決定する上で重要な役割を担います。

そして、4つ目の立場が広告主が発注した広告を実際にインターネット上に掲載し、公開するメディアです。様々な人が利用し、目に触れるメディアに広告が掲載されることで、広告主が運営するビジネスの認知拡大や商品の販売、サービスの成約に結びつきます。このように、広告主とインターネット広告を掲載するためのサービスを提供する3つの立場が連携することで、インターネット広告業界は成り立っています。

広告代理店の重要性

広告主の目標を達成するために尽力する広告代理店は、インターネット広告業界でも重要な立場だと言えます。メディア選定を行うメディアレップや実際に広告を掲載するメディアに広告案件を引き渡すまでに、広告代理店は様々な仕事をこなさなくてなりません。まず、広告代理店は広告主からの依頼を受注し、要望を適切にヒアリングします。それをもとに要望を満たす施策を考え、広告主に提案します。そして、その施策を実現するために効果的なマーケティング戦略を策定し、さらに広告を出稿する媒体の種類の決定なども行う必要があります。加えて、策定したマーケティング戦略を形にするために広告をデザインしたり、Webサイトを設計するクリエイティブな役割も広告代理店には求められます。

インターネット広告業界は4つの立場で成り立っている

インターネット広告業界は広告主、広告代理店、メディアレップ、メディアの4つの立場がそれぞれの役割を果たすことで成り立っています。加えて、広告代理店は広告が実際にメディアに掲載されるまでに、広告主の目標達成に効果的な施策の提案や戦略策定を行い、また実際に掲載する広告を作り上げるなど重要な役割を担います。それぞれの立場を理解し、インターネット広告を運営する際には参考にすると良いでしょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事